FC2ブログ

発声&話し方(1/16)                     《社会人系》

1月16日(土)発声&話し方

講座テーマ「話し言葉について考える」

[1]ストレッチ(佐藤助手)
①立位で、腕を上・前・後ろへ伸ばす。
②首旋回→盆の窪を緩める→頭に手を乗せて下・横へと伸ばす。
③胸に両手をあて、胸を張る→首を左右に傾ける。
④左手を背中に、右手を左耳に持ってきて右側へ引く(反対側も)
⑤足の裏をぴったり床につけて、前後左右に重心を動かす。
 膝→骨盤→胸→首を回してから、身体を動かす。
⑥足を前後に開き、前の足を折り、後ろの足は伸ばす(股関節)。
⑦股割り→肩入れ→手をついて上体を前にしてから戻してバウンス。
⑧あぐらで座り、足の裏をあわせて股関節を伸ばす→仙骨から前へ倒す。
⑨足の裏のマッサージ。
⑩あぐらから片足を前に出して、反対の足の方向へ身体を倒す。
⑪仰向けで寝て、全身をゆする。
⑫片足を直角に折って掴み、反対側へ倒し、身体を捻る。
⑬寝て、膝を折り、片足の足をかけて、かけてない方の足を両手で掴む。
⑭寝て、両手足を上へ挙げて、ぶらぶらさせる。

[2]話し言葉について考える(磯貝塾長)
・話し言葉・・・話す
         喋る  この違いは?

①それぞれの特徴を述べてもらう(塾生)。
(話す)
・意志があって相手に伝える。
・意図的である。
・内容があって頭の中で整理されている。
・目的やテーマがあり、議論・討論する。
・伝えるものがある
・声を使うこと、道筋をつける。
・言いたいことを伝える。
・考えながら、声に出して伝える。

(喋る)
・唇と舌の実感が強い。
・意図しない。
・日常的に強い意志なく、ことばを交わす。
・責任なく、飛躍してもよく、気が楽。
・ことばを使って発散。
・伝えるものが漠然としている。
・情感、感情が優先。
・思ったままを、ことばに出す。
・相手があって、ほとんど無目的にことばを交わす。

・話す、喋るは、接近して、ごちゃごちゃしているので、分けて整理してみること
・私にとって話す、喋るを掴む、根本的なことをしないといけない。
<自分の問題>として、取り込まないと役に立たない。
・「話す」、「喋る」を場によって、使い分けている=話し言葉
→リスキーだが、楽しんでいる?
・ごちゃごちゃの分、豊かだとも考えられる。

②それぞれの場は、どんな時?
(話す)
・考える必要がある時。
・説明する必要がある時。
・私的でない場合。
・電話で取引先と話をする時。
・講義をしている時。
・打ち合わせ、会議、説明、決定、前に進めるとき、相談。
・接客
・困っている人を助けるとき→相手に入って安心させる。

(喋る)
・友人とお茶など、親しい人、家族と話している時。
・公的な場でない時。
・リラックスしてよい場合。
・友人と遊んでいる時。
・感情を出してもいい時。
・論理的な思考がとんでいる時。
・愚痴、不満、憤り。
・パニック場合、話になっていない。
・ことばにならない。
・老人

・考えて話す必要がある場合は、話す。私的なことは喋る。
・話す、喋るが分けることができないことは、問題である。

③話す喋るとを意識しているか?
 ・いつも実感があるわけではない。ある時もある。
 ・私的な時には、あまり意識していない。
 ・話す時に、喋るとうまくいかない。
 ・喋る、話すが、いろいろごちゃごちゃしている。
 ・喋ることが少ない・・・私語がないことか?
               →考えないで喋ることが少ない。(Aさん)

・今の人は、話すのも、喋るのも下手。しかしストッパーが外れると、喋り続け
 てしまう。
◎「話すという、コミュニケーションをちゃんとしたい。」
◎「声は素材。それを使ってよい効果を狙いたい。そのために、話す、喋るを
  しっかりと分かっておく。
◎話し言葉がどういうものか、整理しておく必要がある。

・喋り言葉は無数にあるので、私語は取り上げない。
・私的なものを暴露しすぎるものは、受け入れられない。
・初対面の人とは、喋りの対象にならない。
・「話す」ことから始める。話すということを考えるという共通項がある
 共通テーマを話す・・・話し合い、打ち合わせなど。
・場によって使い分ける。臨機応変なのが日本語(日本人の思考)
・相手と話をするときに、どんなふうに頭を使っているか。

・話すVS喋る
どっちが楽か?
・話したことは覚えている。喋ったことは忘れる。(Aさん)
・私的なところで話していることがある→本当は喋っているのでは?
・脳の問題で脳を育てていく。意識ではない。
・違ったことをすると思うと大変。
余談・・・これほど、公私がはっきりしていない国は珍しい。
 習俗しかない。論理(規範)をおかない。それを良しとしている。
・喋るほうがらく。話をすると気をつかう
                 →思考と、気をつかうをごちゃごちゃにしている。
・思い先行のディスカスは喋り。そうすると上手くいかない。

◆本日の磯貝語録
 人間に自分と他人の区別がある様に、言葉にも当然あるはず。それをゴチャ
 ゴチャにしては、人間の尊権が失われる。
関連記事