FC2ブログ

歌い方・発声(12/10)                            《音楽系》

12/10(土)歌い方・発声

[1]試演会
   ・まきばのこうし(2声)・・・6組
   ・ふるさと(3声)・・・4組
  ◎磯貝講師講評
   ・コーラスではない「アンサンブル」をすること(相手を聞くが、エネルギーを落とさないこと)
   ・安定感のおかげで新鮮さがなくなってはダメ
   ・相手のおかげで、生命力を増すことがよい演奏⇒自分自身が問われる
   ・和音程、リズムだけ合わせてはダメ。各パートの異質性を共生競演すること
   ・中声の音楽は、一番音楽性が高くないとダメ
   ・洋楽→通奏低音が基本である
  ◎各音質の違い
    高声:後ろ首→後頭部→頭頂部→おでこまでのひびき(頭声)
    中声:後ろ首→肩口→背面→前上胸部のひびき
    低声:前胸部、前頸下部のひびき
  ◎日本語の問題
    口語:意味意志内容を口で説明しない(口喋り)ひびきをつけようとすること
    日本の伝統音楽はユニゾンのみであったため(響きを合わせるのではなく)、
    口(ことば)合わせを行っていた。
  ◎膝から下の重心に降ろすことを覚えること

 ◆本日の磯貝語録:アンサンブルはそれぞれの音質の違いをきかせるものである。
関連記事