FC2ブログ

歌楽しくなる発声初級(2/6)                  《音楽系》

2月6日(土)歌楽しくなる発声初級

講座テーマ「楽しい日本語の歌 課題曲」

[1]準備
(1)ビートを刻む
◎「意識」から『感覚』に
細胞にビートがある。自分でビートを作れる、決めていく。
☆「打つ」とは…
◯手の平で床を打ってみる。(下手だと痛い)
・続けて打つときは…
・身体の感覚ビートをとらえる。
足の裏で打つ《踏む》
・打った方の足に体重がのっているときは《締める》
《踏む》と《締める》の違い
※外(他の人)から見て、そうなっていること。
《踏む》は次を踏むための準備ができている状態。
上半身は動かさない。(=下半身と別動作できる)
・「踏む」を軽くして、ビートを刻む。上手くなると音がしなくなる。)
(2)発声
・顔部分ほぐす。(Lipのみ、舌、首側部)
・鼻(ハミング) 上唇と前歯(ノド奥から「Ho」)、giy-gia
[2]課題曲
<♪発声テキスト1a>
(1)♪元気に笑え
◯「練習番号B」(3頁目)…「Laラ」で。
・舌先を細くし、上顎歯ぐきをなめる、それより内側へ向って「ラ」。
・鼻穴開けたまま。
・次へつながっていく。
◎「丹田」と「鼻の響き」つなげて。
・鼻で音とり、舌で言葉を打つ。
◯はじめから「La」で。
・リズム(周りをのせるように、自分から)
◎歌詞の言葉読み
・前に向って読むのではなく、後ろの壁に反射させて。
(客席に背を向けて、後ろに向かって
・詩を自分のものにする。(解釈:大人が聴いても良いと思われるものを)
「笑い声」は「雲」が笑ってる。
・頭頂とヒザ下の響きで歌う。
そのまま読む(曲のリズム感、スピード感)
◯歌う…カカト踏む(締めない)
(2)♪雪の振る街を
◎フレージング(2拍ごと、横側へ左右の体重移動してみる)
・カカト上がる
・返し・戻し。波をつくる。
・丹田のところで、上記の動き。
(3)♪つばさをください
・口は鼻の幅で。
・首後ろの響き
☆「元気に笑え」の『ビート』と、
「雪の降る町を」の『フレージング』両方ある曲。
「伴奏のリズム」「歌の変拍子」のコラボレーション。(伴奏よく聴く)
・現在のJ-popは音楽が先行。歌詞の情緒はあとから。
◎言葉の雰囲気でやらない。
この音楽に言葉がついたら、こうなった。とやること。

◆本日の磯貝語録
 ◎丹力をつける=「決める」力がつく。
 ◯音楽(アーツ)は意識が先に立ってはダメ。何といってもシャープな感覚(特
 に音の体感)が全てのはじまり。

◆本日の感想
 今歌っている言葉は前の音楽が作り出している。これを教わってから
 言葉がとても豊かに自由になったと実感しました。磯貝メソッド「足踏み」
 で身体のリズムをつくってから歌うと全身が参加し、声が大変出やすかった。
関連記事