FC2ブログ

人前できちんと喋れるテクニック(12/9)          《社会人系》

12月9日(水)人前できちんと喋れるテクニック

講座テーマ「話しのつくり方」

[1]話しの形
 (1)1方向(講話、説教、教授、アナウンス、司会、ナレーター、他)
 (2)双方向(対話、会話、談話、電話、会議、お喋り、他)
 (3)多方向(会議、話し合い、打合せ、フリートーク、他)
 ・発話目的、内容、場面等での分類
 (1)家庭生活、私生活、ことば、
 (2)社会生活ことば
 (3)聴場、公共、社会ことば
 (4)儀礼、正式ことば、
 (5)演説ことば
 話す(speach,talk):他者に声で言語発し、もしくは、言葉を交し合うこと。
 ・基本的には、話し手聞き手話の内容その場面で成り立っている。
 ・形態は、話し手の意図・目的その状況により千差万別である。

Q:対話(お喋りを含む)時は、"喋り側"、"聞き側"ですか?
 A:ケースbyケース。聞かれた事だけ話す。

[2]うまいお喋りとへたな喋りを考える。
 ・話す時、聞く時に各々分けて考えること
 共通:お互い話を合わせる。とも角相手の言っている事は先ず認める。
     勿体振ったり、皮肉ったりせず極力ストリートに
 話す側:相手にかまわず喋りまくらない。思いより正確に。
      自分語を使わない、ちゃんと答える。
 聞く側:良く聞き合う。同意する。相づちを打つ。ちゃんと答える。
      黙ってしまわない。正確に質問する。変に遠りょしない。
 共通:楽しみ合う。お面白くする事を考慮する。笑ふ。
     ユーモアが欲しい。多少の辛口もよい。知ってるぶらない。
     相手の否定や誹ぼうをしない。愚痴、悪口をたれ流さない。

[3]うまい対話、会話をするためには?演習
 テーマ(1)「今年で一番うれしかった事は!」を話し合う。
 ・お互いの意見を引き出そうとする。聞きほれない。一人一人の発表会にし
  ないで二人で共につくり上げようとすること。なにしろオープンにしようとする。
 テーマ(2)「来年はどうしてもやりたい事」を話し合う。
 ・なるべく具体的にする。抽象的、思い、気持などの割合をさける。引き出し
  合う。

◆本日の磯貝語録
 ・うまい話し手はうまい聞き手。
 ・お喋りの目的は、"無駄""発散""共犯感"で出来ている。

◆本日の感想
 聞く、話す(対話)で相手と50対50の対等なおしゃべりやキャッチボールは楽し
 いのでしょうね!私には未知の世界です。言葉のコミュニケーションの原点を
 再考させていただきました。ありがとうございました。
関連記事