FC2ブログ

発声・呼吸法入門(1/13)                          《ことば系》

1/13(金)発声・呼吸法入門

[1]各自身体訓練 ~19:15
[2]講座 「丹田」と「役」 (磯貝講師)
   役とは、自分の中に役を置く→その役を自分に入れる
        自分の中のどこに入れるか?⇒丹田に入れる(丹田で想う)丹田の上にのせる
         たとえるなら…下宿という「自分」を貸してやる
          下宿(玄関、照明、窓、etc)のベースはある
            (顔)(口)(耳)etc「身体」
          下宿を中身の人(役)は勝手に使える。だから下宿が一生懸命頑張ってもだめ
       つまり、口で演じて(使って)はいけない
            人間が生きている限り丹田と全てつながっている
   台詞…自分の口や頭は全て丹田に向ってしゃべる
       →それがどういうことががわからないとできない
   口読み、口しゃべり×→それはどういうことか?
    ↓          他人のを見てわかる、聞き分けること         
   喉読み…声がのる、感情がしっかりしている
   丹田で自分の状態をはかる(一体化ではなく、いい距離)
    →そのために「丹田感覚」
   丹田の微かな感覚(実感)→微かに丹田を引く、張る(機能的なレベルアップの次のステップ)
                 シャーペンの芯程の大きさで1mm程の出し入れ(感覚的)
    正座して、自分の丹田を中心を捉える
         丹田を中心にして身体を動かす(目をつぶる×)
         ゆっくり2mm程引いたり出したり…心の変化も微か
   「丹田感覚」を持った姿勢
   (Keeping Point) 丹田から放射している…どこにも力がなく、微かな丹田の力で支える
                (前進している)     運動ではない!!
  Ex:椅子に座って①丹田を1~2mm程動かす
          ②両手をひろげ微かに動かす
          ③丹田から指令「ほっぺたよ2mm出ろ、ひっこめろ」(結果:笑い)
                 「唇よ2mm出ろ、ひっこめろ」
          ④両手の手のひらに…
     ☆頭の指令と丹田の指令と同時に
  Ex:立ち上がって①丹田を1mm右に左に
          ②丹田で左ひじを動かす
          ③丹田で親指、小指を動かす
          ④丹田で両手の手のひらを動かす

 ◆本日の磯貝語録:全て丹田(肚)
関連記事