FC2ブログ

歌発声特別(3/6)                       《音楽系》

3月6日(土)歌発声特別

講座テーマ「中声発声を決める③」

[Ⅰ]ストレッチ(各自)
[Ⅱ]発声練習(テキストを使って)
 ・のどの巾で頭頂、みぞおちまでつなげる。
 ・前顎をおろすとき鼻筋からおろす。そして、みぞおちのライン(横隔膜の
  位置)を響かせる。
 ・音楽を息の流れで作る
 ・舌の先まで鳴らす(響かせる) 平舌だと鳴っている実感が持てない。唇、
  舌先でことばを作る。
 ・ハミングから歌唱  舌先が鳴っている(響く)実感を持つ。

[Ⅲ]歌唱発表 (一人ずつ)
 1.Aさん "Verdi prati","Eija,mater,fons amoris"
 2.Bさん "Verdi prati","Eija,mater,fons amoris"
 3.Cさん "Verdi prati","Eija,mater,fons amoris"
 4.Dさん "Eija,mater,fons amoris","Verdi prati"
 5.Eさん "Verdi prati","Eija,mater,fons amoris"
 6.Fさん "Verdi prati","Eija,mater,fons amoris"
 7.Gさん "Verdi prati","Eija,mater,fons amoris"

[Ⅳ]演奏を終えての感想
1.Aさん:ピアノにのるだけだった。途中から前に出すようにした。
     中声域は以前より出るようになったので、高音が少し安定した。
 磯貝先生:身についていないと感じた。のどが納得するまで歌っていない。
        ことばがおそい。舌先で覚える。顎がおりること。
 他の受講生より:高声が安定してきたと思う。

2.Bさん:声を出して、どんな状態がわかっていない。宗教曲はあっていると
      思う。"Verdi prati"が良かった。
 磯貝先生:自分の納得より、外の納得を取り入れていったほうが良い。
        Pergolesiの方が良かった。

3.Cさん:ヘンデルはうごく曲なので、難しい。ペルゴレージの音域はあってい
     るが、練習ができてない。乱れた後、リズムにのることで戻ることがで
     きた。"Verdi prati"が良かった。
 磯貝先生:Pergolesiの方が良かった。途中、ミス箇所で笑うのは絶対良くな
        い。

4.Dさん:途中で喉がひらいてしまって息をムダに流してしまった。
 他の受講生より:第一声が素敵なのでおどろいた。すごくいいなと思った。
           曲想がいい。
           声帯がどうだと考えすぎて歌っているんじゃないか。

5.Eさん:Pergolesiの方が歌いやすい。中音域から下が少し安定した。
 磯貝先生:チェンジを耳や喉で意識してしまう。これをクリアする方法を探し
        ていく。

6.Fさん:2曲の違いがわからないまま歌っていた(喉の状態が)
 他の受講生より:ヘンデルの曲でPergolesiをうたっていた様だ。今日は力強
           かった。
 磯貝先生:ふえが硬い→顎が硬い。今日の演奏は音程が今までよりずっと
        良い。声帯の筋肉が硬いので、鳴らすことができない。これから
        はアンダーコードを使う。

7.Gさん:調子が悪かったが、歌を歌ったら良くなってきた。Pergolesiの方が歌
     いやすかった。
 磯貝先生:音楽を受ける耳はある。体が楽器であることが理解されていない。
        楽器としての耳を持つこと。自分の出した音を聞いていた。これ
        では間に合わない。音楽的想像ができるか。声楽の場合はそれ
        をのどでする。出しながら、自分のどのを確かめる。

・音域は広いほうがいいが、使える音域であること。
・"チェンジ"は本来、問題にしてはいけないことだったのかもしれない。スライ
 ディングができる歌手は、体が(身体も喉も)出来ている。一般の歌手は喉
 や呼吸のささえが未発達であった。そのために"チェンジ"のテクニックをつけ
 ることが行われた。その結果、"あの音を出す"ということがなくなってしまった。
・中声から低声をだすことで、笛を降ろしても軟口蓋を使える様にする。
・声を何とかしたいとき、これから、この2曲をぜひ歌ってください。ただし、演
 奏会では歌わないこと。この2曲はこの曲の声を持っている人が歌う。

◆本日の磯貝語録
 声楽家の身体は全てが楽器である。生きた人間楽器である。楽器は調整に
 より良い音を出す。良い音は良い音楽となる。

◆本日の感想
 2月を休んだのでいささか心配であったが、とりあえず歌い終えた。ヘンデル
 の曲は息が長いので難しい曲です。でも今回その対策が少し分かって来ま
 したが、まだまだです。
関連記事